2007年05月13日

長澤まさみ wiki

長澤まさみさんをwiki情報により解説します。
情報元フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長澤 まさみ(ながさわ まさみ、本名同じ、1987年6月3日 - )は、静岡県磐田市出身のタレント、女優、アイドル。←長澤まさみちゃんを最初に知ったのは世界の中心で愛を叫ぶ。。あの声は本当に可愛かった。そして、髪をばっさり切るなど度胸のよさも座ってましたね。

東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。身長168cm。血液型はA型。愛称はまぁちゃん、まっさん。父親は元ジュビロ磐田監督の長澤和明。←え?長澤まさみのお父さんってジュビロ磐田の監督だったの?身長も結構高いんですね。

第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。←うーん3マン人以上の中から選ばれるってのは本当にすごいことですよね。12歳だったってことはまだ20歳くらいなんですね。同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。←クロスファイヤっていうのはわかりません。後年、本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。←そんなに甘くはないですが^^;でもその後、ちゃんと有名女優になっちゃってますから、すごい長澤まさみちゃん★その後ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなる。 ←ピチレモンは知ってます^^
2002年にヤマザキナビスコのCMに出演。これが好評で長澤の名前をまだ知らない人向けに雑誌やテレビでは「ヤマザキナビスコのCMに出ている美少女」と表現されることが多かった。 ←長澤まさみちゃんがまだ名が売れていないときはこういう呼ばれ方していたんですね。いまじゃそんな呼ばれ方はしないでしょうけど。。
2003年には『ロボコン』に出演。←すみません、このときはまだ知りませんでした。初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコン大会を通じて自立して行くと言う青春映画である。←ロボコンって何?っていうレベルかもしれません><この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。本人はこの映画を通じて演技に目覚めたとの事で、今もなお最も好きな作品に挙げている。 ←自分では世界の中心で愛を叫ぶが圧倒的なナンバー1なのですが。。
同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、及び翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、同じ第5回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと小美人役で共演し話題を呼んだ。←シンデレラオーディションって相当な権威のあるオーディションなんですね。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った『モスラの唄』が収録されている。 ←長澤まさみちゃんモスラの唄歌ってたんだ。。知りませんでした。
2004年には、社会現象となった興行収入85億円の大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』(以下セカチュー)にヒロインとして出演。白血病で逝く薄命の少女役を演じる。←思い出しただけで泣けてくる作品です。本当ォに多くの人に見て欲しい。。なお、この作品により、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(すべての部門中史上最年少)等多数の映画賞を受賞した。また、役作りのために髪を剃り上げてスキンヘッドにした。←長澤まさみさんがすごいのがここにあると思います。普通10代の女の子にとって自分の髪ってすごく大切ですよね。そrてを約作りのためにばっさり切っちゃうってとこが長澤まさみさんのすごいところだと。
『セカチュー』と同時期に公開された松竹作品『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演した。最新主演作『涙そうそう』は興行収入30億円を超えた。 ←このコロになりますと長澤まさみちゃんも相当名前が売れてきていますから、誰でも名前を知っているころでしょう。
2005年には各方面で話題を呼んだ『ドラゴン桜』に、2006年には大河ドラマ『功名が辻』に出演。←特にドラゴン桜ですよね〜。本当に話題になりました!同年秋には、かつて薬師丸ひろ子が主演して記録的大ヒットとなった映画『セーラー服と機関銃』のリメイクとなる連続ドラマに主演し、同名の主題歌を「星泉」名義で発表した。 ←もう長澤まさみさんの勢いはとまらないですよね。
2006年3月にはオリコンスタイルにて「今最も輝いている女優」ランキングで1位を獲得。また、映画雑誌『キネマ旬報』では「若手映画女優でトップに位置する」とも評された。 長澤まさみさんはまだ若いですが、女優としての最盛期を若干20歳ほどで迎えることとなりました。といっても長澤まさみワールドの幕開けに過ぎません。
1952年からの歴史がある『東宝カレンダー』の表紙を、2005年から3年連続で飾っている。 ←3連続ってすごい。。

こうやって長澤まさみさんの歴史を見てくると、本当に順風満帆ですね。これからももっともっと輝いて欲しい女優さんです。
posted by 芸能裏情報拾得ブログ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 長澤まさみ タレント名鑑
Google